日帰りでも大満足!紅葉をたのしむ秋の京都デート日帰りプラン

秋も深まり、もうすぐ紅葉シーズン!そして紅葉といえば、やっぱり京都。
大切な人と一緒に京都へ紅葉を見に行きたいけど、泊まるのは難しそう..という人向けに、
日帰りでも十分楽しめる秋の京都のおすすめデートプランをご紹介。

東京から新幹線で2時間半あれば着くから、朝少し早起きして出発すれば、日帰りでも十分満喫できる。
限られた時間だからこそ、紅葉スポットも厳選して。
大人な2人だからこそ叶う、すこし贅沢な日帰り京都デートへ。

10:00 イノダコーヒー本店で腹ごしらえ

朝早く起きて、新幹線で京都駅に到着したら
そこからさらに3駅先の烏丸御池へ。
のんびりと静かで、洗練された街並みに溶け込む「イノダコーヒー本店」は
京都の喫茶店といえばここ!というくらい、地元の人にも観光客にも大人気のお店。
ふたり優雅なモーニングを。

旅の始まりは腹ごしらえから!
見た目の可愛さにテンションが上がる、プリンパフェをチョイス。
甘いフルーツが、コーヒーとの相性ばっちり。
お腹も心も満たされて、思わず笑顔に。

11:30 京都御苑&御所おさんぽ

イノダコーヒー本店から歩いて25分程度。
京の歴史の奥深さと、豊かな自然を感じられる京都御苑に到着。
辺り一面、赤と黄色に包まれる公園は、人もあまり多くない穴場スポット。
ゆっくり紅葉を満喫できる。

京都御苑の中に進み、京都御所に到着。
静かで趣きがあって、どこか懐かさ感じる空間。

もみじも鮮やかに色づいて、秋を感じながらのお散歩にぴったり。
2人でたわいもないことを話しながら歩いて、のんびりとした時間を過ごす。

14:00 嵯峨野トロッコ列車で上から紅葉を見下ろす

お次は自然の中の紅葉を見に、トロッコ嵯峨駅へ。
ゴトゴト走る赤いトロッコ列車に乗って、美しい景色に会いに行く。
外の景色を十分に楽しめるよう、スピードは時速約25kmと抑えめ。(自転車より少し速いくらい)
窓の真横、手を伸ばせば届きそうなところに紅葉が広がります。

保津川の上で静かに進む船が紅葉とマッチして、絵画のよう。
中心から少し離れただけで、豊かな自然に会えるのも京都の魅力。

17:00 喫茶ソワレでフルーツポンチを

河原町・祇園四条の中心地に戻ってきたら、鴨川近くのレトロな喫茶店でひと休み。
青い光に包まれる異空間が人気の「喫茶ソワレ」は、BGMも一切流れず、本当に時がとまったかのような静けさ。
静かな喫茶店でぽつりぽつりと言葉を交わすと、どこか緊張感があって新鮮。

お目当はやっぱりソワレ名物のフルーツポンチ!
カラフルでキラキラの宝石箱な可愛い見た目に、思わずときめく。

18:30 高台寺の紅葉ライトアップ

京都の紅葉ライトアップといえば高台寺。日帰りでも、マストで抑えておきたいスポット!
入り口前からすでに綺麗にライトアップされていて、期待が膨らむ。

紅葉越しに見える月もロマンチック。
高台寺は、秀吉の妻・ねねが亡き夫・秀吉の冥福を祈り、1606年に開いたお寺。
どことなく優しい雰囲気に包まれます。

中に進むと、落ち着いた日本庭園とともに色鮮やかな紅葉が広がる。
どこを切り取っても絵になる風景で、思わず何度も立ち止まってしまう。

1番の見所が、池に反射するこの絶景!
どっちの方が上手に写真を撮れるか勝負するのも楽しいけど、この景色はやっぱり実際に目で見るのが1番。
あまりの美しさに何も言葉が出ないけど、好きな人と隣でこの景色を共有できていることを感じて、心も満たされるはず。
いくらでもいられそうな高台寺の魅力にとりつかれ、時間が許すまで思う存分愉しんで。

21:00 余韻を楽しみつつ、新幹線で帰ろう

東京だったら、京都からの終電は21時半ごろ。
お腹が空いていたら、帰りの新幹線で京都の美味しいお弁当を食べるのも、最後まで旅行気分を味わえて最高。
撮った写真を一緒に見返したり、次京都に来たらどこに行こうかなんて話しをしながら、
お酒を飲んでのんびり帰る。

 

秋の京都を思う存分満喫できて、日帰りとは思えないほどの満足感。
この秋はのんびり日帰り京都デートで、美しい紅葉に出会う特別な2人の時間を。
タイトルとURLをコピーしました